ladder_eyecatch

ブランドストーリーの抽出方法を
デザインのコンセプト設定に役立てる

ブランド・ストーリーを「ラダー(はしご)」を用いて抽出する方法を紹介します。 消費者や顧客が受けるメリットや、商品やサービスの強みや独自性、理念や姿勢… 続きを読む

transformation_eyecaych

情報を「変換」して
新しいビジュアルを生み出そう

慣らされたものの見方から脱却し、自由なイメージを広げるために情報の「変換」を使ってみましょう。 私たちは普段、情報を「変換」しながら生活しています。文… 続きを読む

Scaling_eyeecatch

大きくしたり小さくしたり
「拡大・縮小」で世界観を持たせよう

ビジュアルを計画する方法のひとつとして、「拡大」と「縮小」があります。大きいものを縮小したり、小さいものを拡大して現実の世界と合成することで、印象的な… 続きを読む

Question_eyecatch

デザインする前に質問しよう!
良いデザインは上手な質問から

デザイナーにとって質問する能力はとても大切です。言われたことだけ忠実にこなすのはオペレーターだし、デザイナーとしての仕事をしたいならこちらから聞かなき… 続きを読む

5b_eyecatch

アイデアは机の前で生まれない?
ひらめきを与える5つの場所

自分の机で頑張って考えても、いいアイデアがひらめくとは限りません。会議室で真剣にミーティングしても、良い答えに導けるとも限りません。アイデア出しに煮詰… 続きを読む

transposition_eyecatch

デザインにインパクトと世界観を!
「転置」して生まれる違和感を利用する

1971年、芸術家マルセル・デュシャンがニューヨークの美術展に出展した「泉」という作品がスキャンダルを起こします。この作品、デュシャンのサインがあった… 続きを読む

repeat_eyecatch

嫌がられるか?安心させるか?
情報の「反復」は上手にやろう

情報の反復は記憶を強化したり、内容を強調したり、安心感や親近感を与えるなどのメリットがある一方、情報の受信者にプレッシャーやストレスを与えてしまう一面… 続きを読む

comparison_eyecatch

比べることでコンセプトを見つけよう!
デザインに役立つ「比較」という行為

「比較」することはコンセプト設定やビジュアル計画において重要な役割を果たします。デザインは情報で、情報は差異から生まれます。比較することで見つかった差… 続きを読む

affordance_eyecatch

デザイナーなら知っておきたい
アフォーダンスという概念

デザイン業界でよく耳にするアフォーダンスという概念。本来は実体を伴うものや環境についてのみ使われる言葉ですが、デザイナーとして理解しておきたい概念です… 続きを読む

ZoominZoomout_eyecatch2

ズームイン、ズームアウト。
視点を変えてものごとを見てみよう。

なかなかアイデアが浮かばないときは、視点を変えてみます。方法はたくさんありますが、まずは視点の距離を変えてみます。ズームインしたり、ズームアウトしたり… 続きを読む