history_ec

デザインの歴史をサラッとおさらい!
近代デザイン史

デザインの歴史をおさらいしてはいかがでしょう?流行のデザインや新しい表現方法の情報を収集するとき、デザイン史の知識があればより理解が深まるかもしれませ… 続きを読む

deconstruction02

優れたデザインを分析!
デコンストラクションで企画力を磨こう!

デコンストラクション。これを日本語にすると「脱構築」という意味になります。既にあるデザインから、その基になった企画やプランニング段階での各要素を推察し… 続きを読む

CB01

クリエイティブブリーフを作って
企画力・プランニング力を身につけよう!

クリエイティブブリーフとはデザインに必要な情報を一枚の紙に書きだしたもの。 コミュニケーションのターゲットや目的、表現のトーンなどが書かれた、いわばデ… 続きを読む

personality_eye2

ブランドパーソナリティで「らしさ」を明文化。差別化された個性を持たせよう!

企業や商品のブランドが育ってくると、「△△らしいね」とか「◯◯っぽいなぁ」なんて声を耳にするようになります。この「らしさ」や「ぽさ」を明文化したものが… 続きを読む

ladder_eyecatch

ブランドストーリーの抽出方法を
デザインのコンセプト設定に役立てる

ブランド・ストーリーを「ラダー(はしご)」を用いて抽出する方法を紹介します。 消費者や顧客が受けるメリットや、商品やサービスの強みや独自性、理念や姿勢… 続きを読む

transformation_eyecaych

情報を「変換」して
新しいビジュアルを生み出そう

慣らされたものの見方から脱却し、自由なイメージを広げるために情報の「変換」を使ってみましょう。 私たちは普段、情報を「変換」しながら生活しています。文… 続きを読む

Scaling_eyeecatch

大きくしたり小さくしたり
「拡大・縮小」で世界観を持たせよう

ビジュアルを計画する方法のひとつとして、「拡大」と「縮小」があります。大きいものを縮小したり、小さいものを拡大して現実の世界と合成することで、印象的な… 続きを読む

Question_eyecatch

デザインする前に質問しよう!
良いデザインは上手な質問から

デザイナーにとって質問する能力はとても大切です。言われたことだけ忠実にこなすのはオペレーターだし、デザイナーとしての仕事をしたいならこちらから聞かなき… 続きを読む

5b_eyecatch

アイデアは机の前で生まれない?
ひらめきを与える5つの場所

自分の机で頑張って考えても、いいアイデアがひらめくとは限りません。会議室で真剣にミーティングしても、良い答えに導けるとも限りません。アイデア出しに煮詰… 続きを読む

transposition_eyecatch

デザインにインパクトと世界観を!
「転置」して生まれる違和感を利用する

1971年、芸術家マルセル・デュシャンがニューヨークの美術展に出展した「泉」という作品がスキャンダルを起こします。この作品、デュシャンのサインがあった… 続きを読む